北欧のオシャレなペンダントライトを購入するなら楽天がお勧め!

生活空間をオシャレに彩るインテリアは、私達の暮らしをより豊かにしてくれるアイテムとして生活に取り入れる方が増えています。ここでは、現在人気を集めているペンダントライトについてご紹介します。

ペンダントライトについて

ペンダントライトとは?

ペンダントライトとは、天井からチェーンやコード等で吊り下げて利用する照明機器の事を言います。特徴として吊り下げる照明器具なので、ペンダントライトの種類によってはチェーンやコードの長さ調節出来るタイプの物や、自分でフック等を活用して長さ調整出来るタイプの物もあります。また、住宅におけるペンダントライトの一般的な活用には、キッチンのダイニングテーブルの主照明として活用されている場合が多いです。ペンダントライトでも、光源を隠した物や光量調整可能な物等は、間接照明として部屋の雰囲気を変えてくれるアイテムとして活躍されています。


楽天で購入可能なペンダントライト楽天でペンダントライトを見てみる

ペンダントライトの種類と特徴とは?

ペンダントライトを選ぶ上で最も重要なのは、ライトの種類やデザインです。ペンダントライトには、色々なタイプの物があるので、ライトの形状や、照明の大きさや明るさ等、様々観点から空間に合う物を選ぶ事が出来ます。

ペンダントライトの種類

シンプル系
ペンダントライト

シンプル系は、モダンテイストなデザインが特徴で、ライトを被せるシェードにはアルミやスチール素材が使われています。シンプルなデザインなので、間接照明として活用すると無機質な空間演出を作る事が出来ます。また、どんな空間にも馴染むので空間を限定せずに使用出来、部屋に物を置かずにシンプルな空間が好みの方にもお勧めです。

北欧系
北欧系ペンダントライト

北欧系は、最近のペンダントライトの中でも人気の高いタイプのデザインになります。ライトを被せるシェードには、北欧テイストのデザインが施されており北欧好きは勿論、オシャレなインテリアを好む方にも人気があります。また、北欧系のシェードは、光源が直接見えないような作りになっており、光の反射が絶妙に作られています。なので、北欧系のペンダントライトには独特の雰囲気が演出され、間接照明にも使いやすいライトになっています。

アジアン系
ペンダントライト

アジアン系は、その名の通りアジアンなデザインテイストが特徴です。アジアン系のペンダントライトになると、東南アジアの雰囲気を感じさせるような麻や竹を使用した物も多くあります。こういった素材がふんだんに使用されているので、見た目が涼しげだったり、素材の持つ温かみを感じたり、色々なイメージを演出してくれます。光源も上手く隠してある物が多いので、間接照明にも活用する事が出来ます。アジアンな空間作りが好きな方にはお勧めです。

和風系
和風ペンダントライト

和風系は、日本の和のテイストが光る、正に日本らしい和風ペンダントライトが特徴です。今の時代、住宅作りのデザインには、和テイストでは無く洋風な欧米スタイルが多くなっていますが、そんな空間にも和風系のペンダントライトを取り入れる事で、また空間の雰囲気をガラリと変える事が出来ます。


ペンダントライトペンダントライトを楽天で探す

ペンダントライトのシェードの種類

シェードとは、ペンダントライトを被せる為の傘の事をいいます。傘のタイプによっても、ペンダントライトの印象はガラリと変わってきます。円柱形、ガラス素材、デザイン照明、 3灯タイプ、シャンデリアタイプ等、色々なタイプがあります。空間に合う形状の物を取り入れる事で、一層オシャレな空間を演出出来るポイントになります。
例えば、ダイニングテーブルにペンダントライトを活用する場合、設置するペンダントライトによって、料理がより美味しく感じたり、オシャレな雰囲気で食事を楽しんだりする事が出来ます。また、子供部屋で活用する場合には、外見のシェードのデザイン性以外にも、子供の視力に悪影響が生じない明るさの確保も重要なポイントになってきます。
このように、ペンダントライト一つで、その部屋の空間や設置した場所で、雰囲気や実用性が変わってくるのです。なので、ペンダントライトを選ぶ際には、様々な活用シーン応じて空間に最適な物を選ぶ事が大切です。

ペンダントライトの上手な活用方法とは?

照明の取り入れ方を知る
暮らしに欠かせない照明には、空間全体を均等に明るくする主照明と、ある一定範囲を照らす補助照明があります。このように、空間に使用される照明器具と言うのは、取り付ける場所、位置、空間の広さ、壁紙の色等によって、光の明るさは異なります。また、明るさの感じ方も、年齢や個人によって快適に感じる明るさは違ってきます。なので、空間に最適な明るさと言うのは決まりが無いのですが、新築する方やリフォームを検討されている方は、一番気になるポイントですよね。まずは、部屋の空間には一般的な明るさの基準があるので、それを参考にしながら、空間に合う明るさを決めペンダントライトを取り入れていきましょう。
ペンダントライトの照明の役割と活用について
ペンダントライトは、照らしたい部分だけを効果的に明るくしてくれる照明器具です。ペンダントは下向きになっているので、シーリングライトのように空間を照らしてくれます。しかし、ペンダントライトには様々なシェードの大きさがあったり、ライトを吊るすコードの長さも種類があったり、電球のワット数によっても明るさが変わる等、照明の明るさを色々に変更する事が出来ます。
例えば、ペンダントライトをダイニングテーブルの上、キッチンカウンター等で活用する場合、ペンダントライト単独の活用だけでは明るさが寂しいですよね。ペンダントライトは、あくまで補助灯であるので、ダウンライトやシャンデリアを活用して空間全体を照らす照明器具と組み合わせて使用するのがお勧めです。

ペンダントライト

人気の北欧ペンダントライト

北欧インテリアと言うのは、基本シンプル、ナチュラル、機能的である事がコンセプトになっており、この3つのキーワードに集約されています。北欧ペンダントライトにも、その洗練されたデザインは反映されており、暮らしの空間に馴染むオシャレなライトが魅力となっています。

人気の理由とは?

シンプルで洗練されたデザイン
北欧では寒い冬が長く日照時間が短い環境の為、必然的に家の中で過ごす時間が長い事が挙げられます。そのような生活環境から誕生した北欧ペンダントライトは、デザイン性がシンプルで飽きがこず、いかに暮らしを居心地良く過ごす事が出来るか、という事に考慮されて作られています。北欧文化には、無駄な物は要らないと言った文化が昔から強く根付いており、北欧ペンダントライトもシンプルで洗練された美しさを追求した物が多くなっています。
ナチュラルな風合い
北欧の国と言うのは、大半が豊かな自然になっており自然に恵まれた土地が特徴です。なので、北欧の人々は昔から自然に親しみを持って生活しており、自然と調和しながら生活するライフスタイルが習慣としてあります。その文化は、北欧ペンダントライトにも反映されており、自然でナチュラルな風合いの物が多く、どこか素朴さを感じさせてくれるのが特徴です。

まとめ

北欧ペンダントライトは、決してゴージャスなインテリアではありませんが、シンプルで洗練されたデザインこそが大きな魅力となっています。アーティスティックな雰囲気があり、オシャレなモダンなデザインのペンダントライトが多く揃っています。派手さこそ無いものの、その独特の存在感は北欧照明の魅力として多くの人を魅了しています。是非、空間を彩るインテリアに北欧ペンダントライトを活用して、素敵な空間を作ってみてはいかがでしょうか。


ペンダントライトペンダントライトを楽天で探す